健康コラム

〜知ってるようで知らないこと〜
意外と知らない“冬バテ”
 
“冬バテ”とは?
 “冬バテ”は、冬に起こる夏バテに似た体調不良のことで、心身両面に不調をもたらすのが特徴です。 

“冬バテ”の原因

“冬バテ”の原因
 “冬バテ”の原因は、交感神経の緊張状態がずっと続くことで起こると言われ、この点が自律神経の働き自体が低下する“夏バテ”との大きな違いです。
 冬場は、昼夜の大きな寒暖差に加え、年末年始などで忙しく生活リズムが乱れがちです。寒さによる血管の収縮や多忙によるストレスは、交感神経を常に緊張状態にします。その結果、心身が休まらず体調不良を起こしてしまいます。

 更に冬場の日照時間の少なさも、心身に悪影響を及ぼします。日光を浴びることで脳内に分泌される神経伝達物質『セロトニン』は、脳内活動の活性化や精神を安定させる働きがあります。日照不足は、この『セロトニン』の分泌量を低下させます。


漠然とした不調は“冬バテ”かも

以下の項目に当てはまる場合、もしかすると“冬バテ”かもしれません。


漠然とした不調は“冬バテ”かも”
  • 気分の落ち込みがある、何となく憂鬱
  • なかなかやる気がでない(意欲低下)、集中できない
  • 怒りっぽい、些細な事でイライラする
  • 何となく体がだるい(倦怠感)、体が重い
  • 疲れやすい、疲れがとれない
  • 寝つきが悪い、眠りが浅い
  • 朝すっきり起きられない
  • 胃腸の調子が悪い、食欲がない
  • 頭痛、肩こり、体がこわばりやすい
  • 風邪にかかりやすい

“冬バテ”に効果的な対策は?

“冬バテ”にならないために、あらためて生活習慣の見直しをしましょう


体を温める
体を温める
 入浴は、38〜40°Cのお湯にゆっくりつかりましょう。体の芯から温まることで 副交感神経が優位になり、リラックスできます。

体を冷やさない
体を冷やさない
 部屋の温度は、20〜22°C前後に保ちましょう。寝室も同じくらいの温度に保つと快眠につながります。
 屋外など寒い場所に出る際は、必ず防寒しましょう。首や手首は熱が逃げやすいためマフラーや手袋でしっかり防寒することが必要です。

適度な運動
適度な運動
 ストレッチなど心地よいと感じる程度のゆったりとした運動を行いましょう。 深呼吸しながらゆっくり動くと、副交感神経が優位に働いて気持ちがリラックスし、こわばった体が自然とほぐれていきます。

バランスの整った食事
バランスの整った食事
 バランスの良い食事は、重要です。特にカラダを温めると言われている生姜や根菜類を積極的に摂りましょう。

規則正しい生活
規則正しい生活
 規則正しい生活は、体内時計を整え、人が本来持つストレスに打ち勝つ力を高めます。そして目覚めの際は、積極的に朝日を浴びましょう。『セロトニン』の分泌が促されます。

“冬バテ”に負けないカラダづくりで春に向けて体力を整えましょう。


前の記事へ 前の記事へ 次の記事へ 次の記事へ

株式会社はまだしょうじ

鳥取県米子市皆生温泉三丁目17番7号 東光園サテライトオフィス