健康コラム

〜知ってるようで知らないこと〜
この時期の鼻の症状・・・花粉症?
 
この時期の鼻の症状・・・花粉症?
 風邪でもないのに「鼻がムズムズする」「鼻水が出る」場合、花粉症のお薬(抗ヒスタミン剤)などを服用される方が多いと思います。特に昨今のコロナ禍では、くしゃみをしただけで周囲の視線が気になりますよね。
 ところが、この時期の「鼻がムズムズする」「鼻水が出る」症状は、薬が効きにくい場合があります。このような場合は、「寒暖差アレルギー」かもしれません。


“寒暖差アレルギー”とは?

“寒暖差アレルギー”とは?
 寒暖差アレルギーは、本当のアレルギーでありません。医学的には『血管運動性鼻炎』と呼ばれ、気温差によって起きる鼻炎です。


“花粉症”との大きな違い

“花粉症”との大きな違い
 主な症状は、くしゃみ・鼻のムズムズ感・透明で水様の鼻水です。“花粉症”などアレルギー性鼻炎との大きな違いは「目の痒みや充血」といった症状がなく、アレルゲン(=アレルギーを起こす原因物質)が検出されないことです。


“寒暖差アレルギー”の誘因

寒暖差アレルギーは、以下のような場面で症状が表れやすくなります。


“寒暖差アレルギー”の誘因
  • 非常に寒い場所から温かい場所へ移動したとき
  • 温かい場所から非常に寒い場所へ移動したとき
  • 熱いラーメンを食べた時
 これらは、急激な温度差により鼻の粘膜の血管が拡張し腫れることで症状が引き起こされます。
温度差以外にも鼻の粘膜の神経が知覚過敏になっている場合、タバコの煙や香料などの刺激で症状が出ることもあります。花粉症の方は、鼻の粘膜の神経がすでに過敏なため、寒暖差アレルギーも起こしやすい状態にあります。

“寒暖差アレルギー”の対処・予防

寒暖差アレルギー”の対処・予防
 全身の血管の拡張や収縮は、自律神経によってコントロールされ、血管の拡張や収縮により体温を逃したり保ったりしています。しかし、この調整機能が円滑なのは、気温差7℃程度までとされています。衣類をまめに調整し工夫することで、暖かい場所や時間帯との温度差をできるだけ感じにくくしましょう。顔まわり・首まわり・手首・足首の保温は、防寒対策に非常に効果的です。
 また、普段から自律神経のバランスを崩さないよう食事・運動・睡眠・生活リズムに配慮しましょう。

症状が酷い場合は、自己判断や躊躇せずに医療機関を受診しましょう。

医療機関を受診しましょう


前の記事へ 前の記事へ 次の記事へ 次の記事へ

株式会社はまだしょうじ

鳥取県米子市皆生温泉三丁目17番7号 東光園サテライトオフィス