健康コラム

〜知ってるようで知らないこと〜
睡眠時無呼吸症候群とは
 
睡眠時無呼吸症候群とは
 睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に何度も呼吸が止まったり浅くなったりする病気です。日中の眠気や集中力の低下により怪我や事故の原因となるばかりでなく、糖尿病の悪化・高血圧・不整脈・脳卒中などの疾患や夜間突然死との関連も指摘されています。


睡眠時無呼吸症候群の種類

 10秒以上の呼吸停止(または、僅かしか呼吸していない状態)が一晩(7時間)の睡眠中に30回以上認められるか、1時間あたり5回以上みられる場合、「睡眠時無呼吸症候群」と診断されます。睡眠時無呼吸症候群は原因によって次の3種類に分類されます。



閉塞性無呼吸症候群
閉塞性無呼吸症候群
 体形や体の構造上の問題などで、空気の通り道である上気道が狭くなることが原因です。無呼吸・低呼吸の間は息を吸おうとして胸・腹部の動きがみられます。大きなイビキをかくのも特徴です。


中枢性無呼吸症候群
中枢性無呼吸症候群
 呼吸中枢が働かないために起こる無呼吸・低呼吸です。脳に異常がある場合や心臓に異常があり呼吸中枢が機能しない場合があります。無呼吸の間は息を吸おうとする胸部・腹部の動きはみられません。


混合性無呼吸症候群
混合性無呼吸症候群
 無呼吸の前半に中枢性の特徴がみられますが、後半に行くにつれて息を吸おうとする胸部・腹部の動きがみられます。




睡眠時無呼吸症候群の検査

 睡眠中の呼吸状態や血中の酸素濃度などを調べるポリソムノグラフィー(PSG)という検査を行います。


睡眠時無呼吸症候群の検査
・簡易検査(主にスクリーニング)
自宅で簡易型の機器を使用して呼吸状態・血中酸素濃度・イビキの有無・脈拍数・体位・体動などを調べます。機器の装着は自分で行います。

・在宅PSG検査
自宅で精密な検査が可能です。脳波・眼球運動・顎の筋肉の動きも測定するため、睡眠の質についても知ることができます。この点が簡易検査との大きな違いになります。

・入院PSG検査
一泊入院で行う検査です。在宅PSG検査よりも更に詳細な項目(心電図・両足の筋電図)を測定し、無呼吸以外の異常の有無についても調べます。


睡眠時無呼吸症候群の治療

 睡眠時無呼吸症候群の治療には次のようなものがあります。


自律神経が乱れた時の対処法
・持続陽圧呼吸療法:CPAP
鼻に装着したマスクから常に空気を送り続け、気道の閉塞を防止します

・マウスピース(軽度の閉塞性の場合)
マウスピースを装着することにより舌の根元を前方へ引っ張ります

・手術による治療(狭窄の程度による)
生まれつき扁桃が大きいなど、手術を行う場合があります

・夜間在宅酸素療法(主に中枢性の場合)
慢性心不全がありPSG検査で特徴的な呼吸波形が見られた場合に行います

・薬物療法(主に中枢性の場合)
血圧を下げる薬や心臓の働きを助ける薬などを使用します(他の治療と併用)

・生活改善
肥満予防、就寝前の飲酒を控える、減塩、禁煙、運動の推奨など


 日本人は、もともと小顔で顎が小さく気道が狭い傾向があります。また、中枢性のように脳の病気や心疾患が原因の無呼吸もあります。年齢・性別問わず誰でもなりやすい身近な病気であると認識しましょう。


前の記事へ 前の記事へ 次の記事へ 次の記事へ

株式会社はまだしょうじ

鳥取県米子市皆生温泉三丁目17番7号 東光園サテライトオフィス