健康コラム

〜知ってるようで知らないこと〜
日本人に多い“頭痛持ち”
 
日本人に多い頭痛持ち
 日本人の頭痛持ちは、おおよそ3〜4人に1人と言われています。風邪や二日酔いなど、頭痛は誰もが一度は経験したことがある症状ですが、頭痛の中には日常生活に支障をきたすこ場合や、重大な病気の前兆や症状など「たかが頭痛」で済まないこともあります。


危険な頭痛とは?

危険な頭痛とは?
 頭痛は、慢性頭痛のような“一次性頭痛”と、脳や体に病気がある為に起こる“二次性頭痛”に大別されます。
 二次性頭痛の中には“クモ膜下出血”“髄膜炎”“脳腫瘍”など、命にかかわる危険なものがあります。今までに経験したことがないような頭痛や、痛みの強さがどんどん激しく強くなるような頭痛の場合、速やかに医療機関を受診するようにしてください。


慢性頭痛のタイプ

いわゆる『頭痛持ち』と呼ばれる慢性頭痛の代表的なものは、以下のタイプです。


慢性頭痛のタイプ
  • 緊張型頭痛
  • 片頭痛
  • 群発頭痛


  • 緊張型頭痛

    日本人に最も多く、頭全体が重く圧迫されるような、または締め付けられるように痛みます。片頭痛ほど痛みません。

    緊張型頭痛
    • 原因
    • 頭の周りから首の後ろ・肩・背中にかけての筋肉の緊張により痛みが起こります。心身のストレスが大きな原因とされています。

    • 対策
    • 心と体の緊張をほぐすことが第一です。ストレッチ、マッサージ、外の空気を吸うなど上手に気分転換しリラックスしましょう。


    片頭痛

    発作性の頭痛で、頭の片側または両側のズキンズキンとする拍動性の激しい痛みと吐き気を伴い、光や音による刺激や動くことで痛みが更に酷くなります。時に寝込んでしまうなど、生活に支障をきたす場合も少なくありません。発作の前に閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれる前兆が現れることもあります。市販の鎮痛剤は、あまり効きません。

    片頭痛
    • 原因
    • 異常な血管の拡張や、血管周囲の神経原性炎症が原因と言われてるほか、遺伝的要素が強いことも知られています。ストレスから解放された時、気候や気圧の変化・寝不足や逆に寝過ぎた時に起こりやすい特徴があります。

    • 対策
    • 自分の片頭痛を起こす誘因をつかみ、これを避けるにつきます。痛みが強いい場合、無理をせず部屋を暗くして痛みが治まるまで安静にしていましょう。頭を冷やすと少し楽になります。痛みが強い・発作が多い方は医療機関への受診をおすすめします。


    群発頭痛

    非常に稀な頭痛です。働き盛りの男性に多く、目の奥をえぐられるような激しい痛みが特徴です。一度症状が現れると1〜2ヶ月間、毎日同じ時間に発作を起こします。

    群発頭痛
    • 原因
    • まだはっきりと原因は解明されていませんが、頭の血管の過度な拡張や体内時計の不調が一因とされています。

    • 対策
    • 痛みが強いため、医療機関の受診をおすすめします。発作が現れている期間は、飲酒や喫煙を避けましょう。



    医療機関を受診
     慢性頭痛は自分の頭痛のタイプを知り、誘因を排除することが重要です。また、痛みを抑えようと市販の鎮痛剤を飲む頻度がエスカレートしないように気をつけましょう。薬そのものによって頭痛が誘発される『薬物乱用頭痛』になってしまうことがあります。痛みが強く発作の頻度が多い場合は、迷わず医療機関を受診しましょう。



    前の記事へ 前の記事へ 次の記事へ 次の記事へ

    株式会社はまだしょうじ

    鳥取県米子市皆生温泉三丁目17番7号 東光園サテライトオフィス