健康コラム

〜知ってるようで知らないこと〜
決まった運動習慣は、ありますか?
 
決まった運動習慣は、ありますか?
 皆さんは日頃から行っている運動は、ありますか?昨年から続くコロナ禍などの影響により、体を動かす機会がすっかり減った生活のままのではないでしょうか。
 そんな運動不足が気になる方やこれから運動を始めてみたい方、薄着の季節までにボディメイクをしたい方にもおすすめなのがウォーキングです。


手軽に始められるのが“ウォーキング”

手軽に始められるのがウォーキング
 ウォーキングは普段の生活に近い負荷で運動を行うため、老若男女問わず特別な場所や道具も必要ありません。いつでも手軽に始めることができ、心と体の両面にとても良い効果をもたらします。


ウォーキングの効果

シェイプアップ
  • シェイプアップ
  • ウォーキングは有酸素運動です。呼吸を意識しながら行うことで、より脂肪燃焼効果がアップします。

筋力アップ効果
  • 筋力アップ効果
  • ウォーキングは全身運動です。特に大きな筋肉が集まる下半身をはじめ、腕を大きく振りながら歩くことで上半身にも筋力がつき、疲れにくい体に変わっていきます。

生活習慣病の予防
  • 生活習慣病の予防
  • ウォーキングを継続的に行うことで末梢の血液の流れも良くなります。中性脂肪の減少や血圧・血糖値の改善など、生活習慣病の改善・予防効果が認められています。

心肺機能の向上
  • 心肺機能の向上
  • ウォーキングは、心肺機能にも効果が期待できます(※1)。肺から取り込む酸素の量(最大酸素摂取量)が増加し肺が鍛えられ呼吸が楽になるほか、交感神経に相反して働く副交感神経の活性化が増し、心臓を保護する方向に働くことが証明されています。
    (※1)肺や心臓に持病がある方は医師にご相談の上、指示に従ってください。

精神面での効果
  • 精神面での効果
  • ウォーキング中は体の動きと連動して脳内が活性化します。幸福ホルモン(※2)やアドレナリンの分泌が促され、気分がリフレッシュし、明るく前向きになります。
    (※2)ドーパーミン、セロトニン、エンドルフィン、オキシトシンなど


近所の草花を散策
 これまで運動習慣がない方や、ずいぶん長い間運動から遠ざかっていた方は、最初は「やりたくない」と思ってしまうかもしれません。春は、若葉が芽吹き、様々な花が咲き始める清々しい季節です。ウォーキングを始めることが億劫な方は、散歩でも良いと思います。近所の草花を散策するような気持で、最初の一歩を踏み出してみては如何でしょうか。

次回は、ウォーキングの正しいやり方についてお話していきます。


前の記事へ 前の記事へ 次の記事へ 次の記事へ

株式会社はまだしょうじ

鳥取県米子市皆生温泉三丁目17番7号 東光園サテライトオフィス